「鬼灯の冷徹」第弐期 第16話「お迎え課の荼枳尼/草葉の陰」

Aパート「お迎え課の荼枳尼」 お稲荷さんこと、稲荷大明神の主神は、宇迦御魂と荼枳尼天の二人である。元々悪鬼だった荼枳尼天は、今では閻魔庁のお迎え課の主任として働いているが。そのお迎え課、どうもマゾ男の巣窟になりつつあるという。ちなみに、荼枳尼天の見た目と人となりを一言で言うなら、誰でも一回は妄想するイカン女教師。そんな荼枳尼天がどうして地獄で働くことになったのか、と興味津々の唐瓜と茄子に聞かれた鬼灯が経緯を話し出す。Bパート「草葉の陰」 閻魔殿の金魚草畑で叫ぶ金魚草と座敷童子。それを見ていたシロは疑問に思う。金魚草は草なのか、何なのか。金魚草は元々、ずいぶん昔にあの世とこの世の境あたりに自生していた物を鬼灯が見つけて閻魔殿の中庭に植えなおして育てたもので、詳しいことはわからない。それ以外にも、地獄の植物は現世では見たことのないものばかり。ならばと鬼灯、昼休みにシロと柿助とルリオを連れて、近くの植物園に行くことに!脚本:後藤みどり原作コミックが今すぐ読める!!動画一覧はこちら第15話 watch/1523587148第17話 watch/1524725663