星獣戦隊ギンガマン 第三十五章「ゴウキの選択」

魔獣ダイタニクスが腐り始めていた。できるだけ早く魔獣を復活させなければ。そのためにゼイハブは、死んだイリエスの魂を利用しようと考えた。一方、ついに鈴子への告白を決意するゴウキ。しかし、そこへ突然恋敵が登場する。岸本と名乗るその男は教師で、研修中彼女に一目惚れしたのだと言う。前回:第三十四章「不死身のイリエス」