【Old Audio】ハードオフで買ったTEAC A-3340 de 鳥の詩を再生してみた

夏になると聞きたくなる歌海辺の堤防あたりでポニーテールの少女が手を広げながら、空に思いをはせてた。ラーメンセットを食べたくなる。---ハードオフでジャンク品 TEAC A-3340を入手し、動かなかったところを自分で修理して音調整したので鳥の詩を録音しました(30k円で購入)。テープスピードは38。4トラック機なのですが、2chを録音で使用。16kHzでカットしてからソフトで高域補完して48kHzまで入っている音をpcから再生し録音しました。アジマス調整や、playback EQ、rec EQ等の調整をしたら音がとてもよくなりました。(素人修理なのでいろいろ調べました)[修理箇所]ピンチローラー固着 -> 分解してグリス塗り直し回転速度異常 -> キャプスタン用モーターの進相コンデンサ交換(自作)再生時の音がいまいち -> 再生ヘッドのアジマス調整,基盤の可変抵抗を調整録音時の音がいまいち -> 録音ヘッドのアジマス調整,基盤の可変抵抗を調整[使用したテープ]テストテープ市販のミュージックテープ[アジマス調整とヘッドの位置調整]ヘッドの高さは、位置を変えながらミュージックテープを聞いて音量が一番大きいところにした。アジマス調整は、ヘッドホンで聞きながら、プラスドライバで調整をして聞いた感じで一番いいところにしてから、その後テストテープを再生しオシロスコープで見ながら調整録音ヘッドの調整は再生ヘッドを調整した後で、ヘッドの高さとアジマス調整を実施。[使用ソフト]upconv16khzでカットしてからhfe3で高域補完。